肉じゃが対決!豚肉 vs 牛肉

飲食

 知り合いが豚肉の肉じゃがの手料理動画をアップしていた。

 わたしが、
「やっぱり肉じゃがは豚肉ですよね」
 と、コメントを入れたら、
「牛がいなかったので止むを得ず豚。ウチは牛ですね」
 と、動画とは相反する返信をくらってしまったのだか、ふと、肉じゃがに使う肉は、豚と牛のどちらが多いのか気になったのである。

 わたしの母(故)が作っていた肉じゃがは豚肉だった。しかし、現在同居している義母が作る肉じゃがは牛肉で、当然義母の娘である妻が作る肉じゃがも牛肉である。

 決してわたしは、
「肉じゃがは豚肉でしょ!」
 と、駄々をこねるほど豚肉の肉じゃがに執着しているわけではない。できれば豚肉がいいでもない。きっと、子どもの時から慣れ親しんだ母の豚肉の肉じゃがに愛着を感じているだけのことなんだろうと思う。

 一度だけ母に頼んで、牛肉の肉じゃがを作ってもらったことがあったが、食べ終わった後に、
「やっぱり肉じゃがは豚肉だね」
 と、言ったことを覚えている。

 しかし、母は豚肉鶏肉は食べられるのに牛肉がキライだったのである。キライな牛肉で料理をするのだから、おいしいものができるはずもない。

 そもそも肉じゃがは、ビーフシチューを作るつもりが肉じゃがになってしまったようだ。

明治時代の海軍大将東郷平八郎が、イギリス留学時代に出会ったビーフシチューを気に入り、帰国後の艦上食として作らせたのがはじまり。しかし、ビーフシチューを見たことも食べたこともない料理長が、話だけを聞いて試行錯誤してできあがったのが肉じゃがだった。(『激論★肉じゃがといえば、豚か、牛か!それとも何か!?』より抜粋)

 肉じゃがの誕生である。

 肉じゃがに豚肉を使うか牛肉を使うかは、東日本と西日本とで真っ二つに別れ、東日本では豚肉、西日本では牛肉(宮崎県、鹿児島県、沖縄県は豚肉)というデータもあった。義父母は関西出身なので、おのずと牛肉になったのだろう。

 因みに、クックパッドの肉じゃが投稿のレシピ数は豚肉が牛肉の3倍と圧勝している(2013.10.29時点)。

 東西で豚肉派と牛肉派に二分され、ビーフシチューが元ならば牛肉の肉じゃがが正統なのに、レシピ数の乖離は年間を通じて作る回数の違いなのだろう。牛肉より豚肉のほうが庶民の懐に優しいことだけは伺えるのかな。

 あ〜おいしいうなぎが食べたい。
 (-。-)y-゜゜゜

▼★激論★肉じゃがといえば、豚か、牛か!それとも何か!?
▼「肉じゃがの肉」は豚肉と牛肉どっち?