赤穂浪士討ち入りの日

備忘録

 元禄15年(西暦1702年)12月14日の寅の刻(七つ)に赤穂浪士による吉良邸襲撃事件があった。

 あくまでも日にちにこだわるのであれば、12月15日午前4時頃が赤穂浪士討ち入りの日時になるが、新暦の12月15日は、実際には大石内蔵助が江戸入りして間もない頃だ。

 暮れのテレビ報道で、
「今日12月15日は赤穂浪士討ち入りの日です」
と、言われると、へそ曲がりのわたしは、
「旧暦だったら、まだ11月だよ」
と、屁理屈を言いたくなる。

 旧暦では、本日2017年1月11日が赤穂浪士討ち入りの日である。吉良様もまさかこんなさび〜日の深夜に襲撃されるとは思ってもみなかったことだろう。

 因みに去年2016年は1月23日、来年2018年は1月30日が討ち入りの日になる。旧暦を新暦にすると毎年日にちが変わるので面倒くさいが、時代考証は旧暦で調べることで、より忠実に当時の事件を実証することができるだろう。

 なお、新暦は深夜零時から日にちが変わるが、旧暦では日の出が一日のはじまりになり、毎日ビシッと何時からはじまりと決まっていなかったそうだ。

 今年の旧正月は1月28日(土)になる。

(-。-)y-゜゜゜