主語を言え

日常

 数年前の8月、友人らに暑気払い(飲み会)のお誘いの電話をしたら、
「暑気払い!?・・・暑気払いって何?ね、ね、ね、何?何?」
 と、暑気払いの言葉も知らず、さもワクワクドキドキするイベントのお誘いと勘違いして、とんちんかんの返事をしてきた友人から昨夜電話があり、
「お忙しいところごめんね〜、あのさ、右半分が数字になるんだけど、これどうすれば元に戻るの?」
 と、連想ゲームばりのお問合せを受けた。

拙:右半分って何?
友:(わたしの質問をスルーして)いやぁ〜娘がいじっていたら右半分が数字になっちゃったんだよね。
拙:おーい、右半分って何??
友:え?左側にAとかSとかDがあるよね、これはちゃんと表示され・・・
拙:ちょ、ちょっと待って。何の話してるの???
友:パソコン。

 漸くわたしは、この友人がパソコンのキーボードの話しをしていることが分かり、Lを押すと3が表示されると言ったのでテンキーではなく、QWERTY配列キーボード本体のNumlockが固定されてしまったことを理解した。

 そして、Numlock解除方法を教えて一件落着したが、電話を切った後、主語もなく感性だけを訴えるこの友人にわたしは苦笑いした。
(-。-)y-゜゜゜