愛と青春の旅だち

映画
文末のリンクは、視聴制限により、スマホからは開けない場合があります。

 タイトルの映画が日本で公開されたのが1982年。わたしが19歳のときだった。

頽廃たいはい的な生活から脱出すべく、海軍士官養成学校の飛行士課程に志願するザック。そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の鬼教官フォーリー。脱落者が続出する13週にわたる激しい教練をこなしながら、同期との友情、芽生える愛、仲間の自殺、色々な出来事を織りなしながら成長していく青年の姿を描いていく。
(出典:愛と青春の旅だち@Wikipedia

 どういう訳か、今も昔も映画タイトルに「愛」とか「恋」の文字があると食わず嫌いになり、加えて、何を話しているんだか分からない、字幕を読んでいる途中で次の字幕が表示されてしまう洋画より邦画好きのわたしは、この映画には少しの興味も関心も示さなかったが、当時映画館で観賞した友人が、
「最後、オレは泣いちゃったよ。この映画は観るべきだ」
 と、褒めちぎっていたものだから、後年レンタルビデオを借りて観たのを覚えている。

 さて、この映画の原題は「An Officer and a Gentleman(士官と紳士)」。はじめわたしは、エミール・フォーリー軍曹(ルイス・ゴセット・ジュニア)とザック・メイヨ(リチャード・ギア)のことを言っていて、原題のままでは日本人受けしないので、「愛と青春の旅立ち」と、甘いタイトルに変えたのかなぁと思っていた。

 しかし、軍曹は士官ではない。士官とは少尉以上の階級を言う。ならば、養成学校を卒業して少尉となったザックが士官で、フォーリー軍曹が紳士か??ピンと来ない。

「An Officer and a Gentleman」は、アメリカの軍法用語の慣用句だった。そして、「Conduct unbecoming an officer and a gentleman(士官と紳士にはふさわしくない行動)」を略したもので、「士官は、常に紳士でなければならない。非紳士的行為をしたものは罰する」ということみたいだ。つまり、原題はザック自身に向けられたものだった。

 わたしがこの映画で一番好きなシーンは、養成学校卒業式に、ザックがフォーリー軍曹と敬礼を交わして、感謝の念を抱くところだった。

Foley:Congratulations, Ensign Mayo.
「おめでとうございます、メイヨー少尉。」
Mayo:I’ll never forget you, Sergeant.
「私は、あなたを決して忘れません、軍曹。」
Foley:I know.
「わかっています。」
Mayo:I wouldn’t have made it without you.
「私は、あなたなしで成功しませんでした。」
Foley:Get the hell out of here.
「とっとと出て行け!(地獄をここから取り出してください。)」
Mayo:Thank you, Sergeant.
「ありがとう、軍曹。」
※参考:Weblio翻訳

 因みにこの映画をポーラ・ポクリフキー(デブラ・ウィンガー)を主人公として描いたら、単なるシンデレラストーリーになってしまう。
(-。-)y-゜゜゜

Richard Gere/An officer & a gentleman/Up Where We Belong

PELICULA. RETO AL DESTINO PART 8. SUBTITULOS EN ESPAÑOL

タイトルとURLをコピーしました