以心伝心

日常

 今日、妻が膝の手術のため入院をした。手術日は明後日でその後リハビリ期間も含め最長2週間の入院を予定。

 病室は、テレビ、冷蔵庫、洗面台、トイレ・シャワー室、テレビを完備した個室。わたしが妻に、

「芸能人並に個室なんて取って、いくらかかるんだ」

 と、聞くと、妻は涼しい顔をして、

「保険で全額支払える」

 と、抜かりない返事をした。

 なら、いいや。

 わたしは、先週末に罹ったB型インフルエンザが完治していないようだったので、昨日は仕事を休み、今日も微熱があったので午前中に妻の入院に付き添い病院に行き、その後仕事をしたが早々に切り上げ、夕方には帰宅し寝室で大人しくしていた。

 そして、そろそろ夕食になる頃、義父母と同居しているわたしは、寄らば大樹の妻がいなくなり、ホームに居ながらアウェイ感を素肌にひしひしと感じながら、寝室でたばこをくゆらせていたのだが、ドアーに人の気配を感じ、そちらに目をやると、入院したはずの妻が立っていたのである。

拙:うゎ!(かなり驚いた)

妻:病院を追い出されましたぁ!アハハ

拙:なんで?どういうこと??

 妻の話では、医師から「ご主人がインフルエンザですから、一応インフルエンザの検査をしましょう」と促され検査をしたら、わたしと同じB型インフルエンザと診断され、手術が仕切り直しになったとのことだった。

 インフルエンザ罹患のわたしの隣で寝起きを共にしていた妻なので、インフルエンザに罹ってもおかしくないでしょう。

 ただ、不思議なことに、妻の熱は平熱だったのである。そんなことあるのかと妻に聞くと、医師から「B型の場合は熱が出なかったり、微熱だったりする」と、言われたそうだ。妻はわたしと同様に処方されたイナビルを吸入した。

<特徴>

【A型インフルエンザ】

38〜40度の高熱、呼吸器系の症状が強い

【B型インフルエンザ】

37〜38度の微熱、消化器系の症状が強い

【共通】

咳、悪寒、頭痛、筋肉痛、倦怠感

 A型インフルエンザは144通り、B型インフルエンザは2通りある。よって、A型インフルエンザは144回罹らないと免疫細胞はウィルスの全パターンを記憶できない。B型は2回で済む。

 と、言うことで、今週は夫婦仲良くインフルエンザ週間になってしまったが、妻のように平熱でインフルエンザに罹った場合、完治したかどうかは、もう1度検査をしなければならないのだろうか。

(-。-)y-゜゜゜

▼インフルエンザのA型・B型の違いは!?その症状とは?