こんな夢を見た

日常

 今朝、寝室のベッドで目を覚ますと、長押なげしの上の壁にハンドボール大の黒い塊を見つけた。

 隣りのベッドで寝ているはずの妻の姿はなかった。

 わたしはベッドから上体を起こし、その黒い塊に目を凝らすと、それは今までに見たこともない大きな黒蜘蛛で、カサカサと音を立て、壁を横に這うようにして動き出した。

 元来、蜘蛛は害虫を捕食する、人間の生活に役立つ益虫とされているので、驚きはしたが恐怖感はなかった。

 しかし、その黒蜘蛛は、壁から天井に移動して私の方へ近づいてきて、天井から糸を垂らしながら、空中の半ばくらいまで降りてきたのである。

 見たこともない大きな黒蜘蛛だ。わたしの心の中に恐怖心が起こり、わたしはベッドから廊下へ逃げた。

 そして、わたしがこの黒蜘蛛を退治しなければと廊下で身構えていると、わたしの隣には、両手で座布団を持った母が、わたしに加勢するようにして立っていたのである。

 なぜ、わたしの母が夢の中に現れたのかは不思議である。

 わたしはすかさず母に、その座布団を黒蜘蛛に投げるように言うと、母は持っていた座布団を黒蜘蛛を包み落とすようにして放り投げたが、黒蜘蛛は座布団を蓑虫のようにして体に巻き付け、わたしに顔を向けてきたのである。

 微動だにしない黒蜘蛛の真っ黒い目がわたしをじっと見つめている。わたしは黒蜘蛛がいつ飛びかかってくるのか不安で一杯だったが、とりあえず、黒蜘蛛を寝室に閉じ込めることを思いつきドアーを閉めた。

 しかし、夢っておもしろいものだ。閉めたドアーの上半分がなくなっていたのである。黒蜘蛛は依然不動のままで真っ黒い目をわたしに向けている。

 わたしもおっかなびっくりで動くことができず、黒蜘蛛の目を見つめていたが、ふと、おかしなことに気がついた。蜘蛛だったら目の数は8つなのに、この黒蜘蛛の目は2つで、いつの間にか黒蜘蛛の顔が黒猫の顔に変わっていたのである。

 そして、顔は黒猫で体は黒蜘蛛のこの奇妙な生物は、まるで子猫が毛糸玉でじゃれるように、自分が垂らした糸でじゃれる仕草をしだした。

 わたしは、退治するのは今だと思い、母に先の尖ったものを持ってきてと言うと、

「先の尖ったもの、何につこうねん」

 と、妻の声がして目が覚めたのである。

 妻の表情は、ほんと寝言の多い男やなぁと言う顔をしていた。わたしは寝ぼけまなこで苦笑いしながら、くだんの話をすると、

「蜘蛛の夢は幸運の夢や、なんかええことあるよ」

 と、妻は言ってきたが、為念ネットで夢占いを調べると、

【大きい蜘蛛の夢】

現実世界では、あなたが極度の緊張状態に晒されていることを暗示。軽はずみな言動に注意。

【黒い蜘蛛の夢】

犯罪や不吉な前兆。あなたの近辺によくないことが起こる前触れ。

 まったくダメじゃん=3

 凹みに凹んだが、いや、待て!

 わたしは、どんな逆境のときでも必ず一点の光はあるはずだと、この不運な境遇から抜け出したい一心から、夢の出来事を今一度整理することにした。

・朝、蜘蛛を見た

・大きな蜘蛛だった

・黒い蜘蛛だった

・蜘蛛が上から降りてきた

・蜘蛛の顔が黒猫の顔に変わった

・猫蜘蛛が糸でじゃれていた

・猫蜘蛛を退治する前に目覚めた

【朝蜘蛛の夢】

大きなチャンスや良い知らせが舞い込むラッキーな暗示。

【蜘蛛が上から降りてくる】

望んていた待ち人が来る可能性があり、チャンス到来の暗示。

【黒猫の顔】
黒猫の夢は吉凶分かれる。
良いイメージだったら、幸運に恵まれることを暗示。
悪いイメージだったら、自分が原因でトラブルに巻き込まれたり、精神的抑圧から健康を害する暗示。
夢ではあまりいいイメージじゃなかったんだよなぁ・・・。
でも、猫大好きだから吉運!

【猫蜘蛛が糸でじゃれる】

直接わたしとじゃれたのではないので関係なし。

【猫蜘蛛を退治していない】
朝蜘蛛だったので、退治しないで吉。

<総括>

わたしも妻も楽天家だ。吉凶を消去法で「吉夢を見た」と結論付けた。

 そして、妻は、
「サマージャンボ宝くじ、今日までやったなぁ」
 と、500玉貯金箱から500円を6枚取り出し、
「バラ10枚のお金や」
 と、わたしに渡したのであった。
(-。-)y-゜゜゜

▼【夢占い】蜘蛛が夢に出てくる33パターンの意味と心理
https://spicomi.net/media/articles/594

▼【夢占い】黒猫の夢は幸運が訪れる予感!猫の夢が暗示すること
https://uranaitv.jp/content/150235

▼【夢占い】黒猫が出てくる夢の意味を診断
https://latte.la/column/81681321