ピーマンの力

日常

 ピ、 ピ ー マ ン !?
 わたしは心の中で叫んだ。

 拙宅は、妻の両親と同居しているが、食卓にはじめてカレーライスが出されたときのことである。ライスの上にたっぷりとかけられたカレーの中に、カレーの色と絡まり薄茶緑に変色したピーマンが入っていたのである。それも千切りやみじん切りされたピーマンではなく、一口大に切られたピーマンだった。わたしは自分の目を疑いたくなるほど唖然とした。

 カレーの具材として、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、肉(牛、豚、鳥など)は、大抵の家庭でレギュラー出演することだろう。

 わたしの母が作っていたカレーライスや学校給食で出されたカレーライスもこのレギュラーだけだったので、わたしとしてはこのレギュラーだけでカレーライスは完成されたものであり、このレギュラーたちがお互いに出しゃばらず、引きこもらず、尊重しあい共存共栄してカレーライスに点在していれば、それだけでわたしの視覚も味覚も十分に楽しませてくれるのである。

 カレーもピーマンも自己主張の強い食べ物である。カレーの風味、辛さの中の甘みを楽しみながらカレーライスを食べているところに、

「ピーマンでございます!」

 と、サザエさん張りの元気さで、ピーマンの独特の苦味で割り込ん来ること事態ありえないことなのである。

 仮に、このレギュラーの他に準レギュラーまたはゲストを具材に加えるとしても、わたしは間違ってもピーマンに出演をネゴることはない。なのに、妻の家庭のカレーライスにはピーマンが堂々とレギュラー出演していたのである。ピーマンはカレーライスにはミスキャストであり、ファームにもいて欲しくない。

 更に驚いたのは、ホワイトシチューにも、

「オファーがありましたので」

 と、ピーマンがシチューの中を浮遊していたのである。カレーと同じくレギュラーでだ。

 ふぅ~参った……。

 いつの日か、きっといつの日か、このピーマンをカレーからもホワイトシチューからも降板させてやると、わたしは臥薪嘗胆の日々を過ごしていた。

 ところが、不思議なことに、ピーマン入りのカレーライス、ホワイトシチューを二度、三度、四度と食べていくうちに、ピーマン入りカレーライスがおいしく感じるようになってきたのである。

 ホワイトシチューも、クリーミーな甘みの余韻を残しつつ、

「次はおいらの出番だよ」

 と、口中にピーマンの苦味が広がると、なんとも言えない旨味に感じるようになったのである。

 そして、カレーやホワイトシチューにピーマンを入れるのは邪道と思っていたわたしの味覚は、いつしかカレーにもホワイトシチューにもピーマンは入れて欲しい嗜好に変わってしまったのである。

 そんなある日、買い物をした帰りの車中で、助手席に座る妻が、夕食は何にするか聞いてきたことがあった。
「今夜の夕食は何にする?」
「カレーライス」
「ほんま、カレーライス好きやなぁ、わかった」
「ピーマンは必ず入れること」
「え! ピーーーマンは普通入れるでしょ!?」
 妻は絶叫した。
「いやいやいやいや、キミの家に来て、はじめてピーマン入りカレー食べたよ」
「え゛ーーー! そーなのぉー!」
 またまた妻は絶叫した。

 妻はわたしと正反対に「ピーマンを入れないカレーなんて」と、驚いていたのだ。

 ま、カレーもホワイトシチューも入れる具材はこれでなければいけない、なんて決まりはありませんからね。

 そして、カレーライスほど、その家庭の味が出るもので、例えるほどでもないが、わたしの母は、肉は豚の角煮用の肉を一口サイズのスティック状に切り分け、市販のルーは異なるメーカーの辛口と中辛の二種類を使い、1:2の割合で作っていた。

 大したことではないが、それでも母のカレーの味になるわけで、わたしはおいしくいただいていた。同じように、妻の家ではピーマン入りカレーをおいしく食べていたってことだ。

 因みに、ピーマン入りカレーライスを食べている人はマイノリティかなと思っていたが、飲み屋でこの話をしたら、
「うちもピーマン入れますよ」

 って人が結構いたことには驚いた。

 また、従弟夫婦と飲んだときも、

「ボクの実家でも、ピーマン入れてましたよ。ピーマン入れるとおいしい✨」

 と、従弟は言っていた。

 意外とピーマン入りカレーライスを食している人は多いのかな。
(-。-)y-゜゜゜

タイトルとURLをコピーしました