ダッコちゃん人形ブームのきっかけ

備忘録

 1960年(昭和35年)ツクダ玩具(以下、ツクダ)からアフリカ系少女をモデルとした空気で膨らますビニール製人形「木のぼりウインキー」が販売された。見る角度により片目がウインクすることから「木のぼりウインキー」と命名されたが、後に一大ブームのきっかけとなる出来事から通称「ダッコちゃん」の名で親しまれることになる。(ウインクしないのは偽物だった)

 公務員初任給12,900円、コーヒー60円、ラーメン80円、国鉄(現JR)初乗り10円、タクシー初乗り100円の時代に、一体175~180円のビニール製人形は、少々高めのおもちゃだったようだ。ツクダ社内でも売れる自信もなく、現実に売れ行きは悪かった。よって、一体100円に値下げしてバーゲンで処分しようとした矢先にひとつの事件が起こった。

 ある日、ツクダ社員が単なるいたずらで、銀座松坂屋の水着コーナーにて、女性水着のマネキンの腕に「木のぼりウインキー」を抱きつかせたまま帰った。

 その後、水着を買いに来たある女性がそのマネキンを見て「これが今の流行り?」と勘違いしたのか、「いけてる!」と思ったのかは知らないが、その女性は、海水浴場で水着姿の腕に「木のぼりウインキー」を抱きつかせていた。

 そこにたまたま取材で居合わせた読売新聞社の記者が、そのセンスを面白ネタとして、勝手に「ダッコちゃん」と命名して写真付きで雑誌で紹介した。

 画して風前の灯だった「木のぼりウインキー」は通称「ダッコちゃん」として生まれ変わり、空前のヒット商品として全国へ広まっていった。何がきっかけで商品が売れるか分かりませんね。
(-。-)y-゜゜゜

▼ダッコちゃん人形発売@昭和のニュース
▼ダッコちゃん@Wikipedia