ヤモリ再び

日常

 昨年、ヤモリを圧死させてしまったことを投稿したが、再びヤモリが現れた。全長5cmの小さなヤモリ。昨朝妻が発見したのだが、微動だにせず動かない。見るからに干からびた感じだったので、死んでいるのかなと、指先でちょこっと触れてみると、ビクッと動いた。生きている。

 そのうちにどこかへ行くだろうとほっといたが、今朝も同じ場所にいたので、よほどこの場所が気に入ったらしい。妻は少量の水を体にかけてあげたようだ。見ているとなかなかかわいいものだ。でも、そんなところに居ても餌らしい餌はないぞ。それともじっとしていて体力の消耗を少なくし、餌が来るのをひたすら待っているのか?

 餌もやりたくなるが、このサイズのヤモリには、小コウロギとかショウジョウバエがいいらしい。小学時代の理科の実験で、皮を向いて輪切りにしたバナナをシャーレに入れて、窓際に置いておくと、やがてショウジョウバエがたかってきたのを思い出す。

 いやいやいや、虫嫌いのわたしにはそんなことはできない。まして、家の中にショウジョウバエが飛び回っているなんて想像しただけでも虫唾むしずが走る。

 自然のままにして、見守って上げることにするか。彼もヤモリ(家守)なのだから。
(-。-)y-゜゜゜