冨士霊園の桜

日常

 なぜだろう、ほとんどの服が縮み、昨年買った服でさえ同じ有様で、数年前に買ったスボンはウエストフックが届かなくなり、
「近頃の衣服は粗悪品が多いなぁ」
 と、妻に言うと、
「あんた、ええかげんにしないと、ほんま死ぬで」
 と、キツク返される今日この頃だ。

 昨日は、わたしの誕生日だったが、天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)だった。『日本の暦の上で最上の吉日』で、この日は天があらゆることを赦す(ゆるす)日である。

今年2019年の天赦日は以下のとおり。
・1月27日(日)
・2月10日(日)
・4月11日(木)
・6月26日(水)
・9月8日(日)
・11月7日(木)
・11月23日(土)
後4回天赦日があるが、みなさんの最良の日になることをお祈り申し上げます。

 さて、そんな昨日、わたしと妻は墓参りで冨士霊園へ行ってきた。ちょうど桜の花見の時期だったが、同園の桜は壮観だ。『園内に約1000本の染井吉野と約7000本の山桜が咲く、日本さくら名所100選に選定された霊園で、静岡県内4位の人気の高いお花見スポットになっている(出典:冨士霊園の桜)』。入園無料なので、ドライブがてら立ち寄るのもいいだろう。

 誕生日が天赦日で、天候にも恵まれた冨士霊園で、墓参りと今年最初で最後であろう桜の花びら満開を愛でることができ、思いがけず充実した一日を送ることができた。
(-。-)y-゜゜゜